2008年03月12日

My Blueberry Nights

まだ公開前なので、ストーリーとかのネタバレはなしで。一足早く、「My Blueberry Nights」を観てきた。仕事の関係で試写に呼んでもらったので。もっとも、Norah Jones出演ということで、試写がなくても観に行くつもりではあったけど。それにしても、スクリーンで映画観るなんていつ振りだろうか?

印象としては、「音楽を見せて、映像を聴かせる」という感じ。選曲が文句無しに良い。まぁ、Ry CooderにNorah Jonesなら悪くなるわけもないだろうけど。「映像に良く合った選曲」とか「映像を補完するような選曲」というよりは、わざと映像では表現せずに曲に語らせる演出なんじゃないかと。スクリーンには表れない心象風景を、音を使って見せる、と言うか。映像の方も向きは違えど同じ。観ているだけで、その場の音が聴こえてきそうな、語られなかった言葉が聴こえてくるような。これが行き着くところまで行くと、スクリーンが暗転して完全な無音になったりする。見事。

気になるNorah Jonesの役者ぶりはというと、なんか自然な感じだな、という印象。特に意識して演技している風ではないみたい。役になり切るというよりは、何も考えなくても素で役柄に合ってた、みたいな。それだけに、役者としての次があるかどうかはちょっと微妙なところ。たぶん役柄の方がが彼女を選んだと思うから。

あと、Natalie Portman。ちょっとスレた役柄で登場。でも案外こういうキャラクターの方が合ってるんじゃないかと。Star Warsみたいな一途で無垢な役柄もいいけど、こんな素直じゃない人物役も悪くない。この人は今後にも期待。

物語としては、終わってしまった人間関係を忘れて次の一歩を踏み出すまでの長い回り道、という体裁を取りつつも、終わりそうな人間関係かもしれないけど、でもまだ完全に終わったわけじゃなかったのに、というちょっと切ないテーマを描いた作品。かけがえのない、大切な人がいる人達にお勧め。

posted by cesare at 21:50 | 映画

2005年07月12日

A long time ago in a galaxy far, far away....

ネタバレあるいは個人的な思い入れ満載につき、ご注意くださいませ。

続きを読む
posted by cesare at 23:59 | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。