2005年11月24日

多ければ良いってもんじゃないんですけど

会社勤めの身なもので、平日の昼食は勤め先の近所の店で外食ということが多い。お気に入りの店がいくつかあって、昨日はあっちの店に行ったから、今日はこっちにしよう、という感じでローテーションさせている感じ。

そんなローテーションの中に、やたらと一皿の分量が多い店がある。どの程度多いかと言うと、「え?大盛りじゃなくて普通でお願いしてたんですけど」「いえ、これが当店の普通盛りです」ぐらいの勢いだ。しかも、「大盛りオプション」もしっかり用意されているから恐れ入る。以前に、何も知らずに大盛りに挑戦した哀れな同僚が食べきれずに残していた。

もっとも、量が多いのはなぜかパスタに限られていて、その他のメニューは通常サイズ。そんなわけで、どちらかと言うと少食な部類になる僕としては、パスタは避けて他の定食メニューを頼むことがほとんど。

ちなみに、この店は元々パスタ専門のイタリアンな店だったのだけど、どういうわけか中華メニューを大胆に取り入れるようになったという、なかなかに発想が柔軟で且つ前衛的な歴史を持つ、由緒正しき名店だ。

で、今日の昼休みにこの店を覗いてみたところ、週代わりメニューに焼きそばがあったのでオーダーしてみた。待つこと約10分。



普通の店で言うところの「特盛り」サイズで出てきたorz

いや、量が多い傾向があるのは前からよく知ってたけど、これほどまでとは思いませんでしたって感じで、5秒程どうしてくれようかと悩む。結局、全部平らげたけど(笑)

とりあえずは、味が量の多さに反比例するタイプの店じゃないので良いのだけど、無闇に大量に出てくるのもいかがなものかと存じますが、どうにかならんものでせうか?普通とは逆に「量少なめオプション」があってもよろしいのでは。

という話を店員にはせずに、Blogでネタにしてみたりなんかする今日この頃:-p

posted by cesare at 15:39 | 日記
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9771450
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。