2007年12月25日

転機

年の瀬の慌ただしい時期に人事異動がありまして。今まではお気楽にプログラマー稼業を決め込んでいれば良かったのが一転して、企画屋さん兼マネージメント業ついでに開発も、という、早い話が何でも屋さん的ポジションに就くことになってしまいました。「しまいました」とか言いつつも、ここ数カ月の状況から予想できた内容でもあるし、特に不本意というわけではなく。慣れない事務手続きに悪戦苦闘しつつも、どうにか業務を片付ける今日この頃です。

あたふたしつつも、新しい仕事では今までと違って社外の人達との接点も増えそうな感じなので、そのあたりは楽しみだったり。プログラマー稼業も好きだけど、どうしても閉じこもりがちになってたし。人付き合いって、それほど得意ではないのだけど、頑張らないと。と、自分に言い聞かせてみる:)

他にも、自前で企画を立てないといけないので、どうしたものかと模索中。「企画書」なんて呼べる代物は書いたことがないなぁ。他の人はどうやってるんだろ?とりあえず本屋でビジネス書の棚を漁ってみたりして。まぁ、そんなわけで新しいこと尽くめというわけなのです。さらにこの上で、開発メンバーのマネージメントもよろしく、と。やー、確かに今までのキャリアを考えると、その線も期待されるのが自然だよなー。寝る時間あるんだろうか。とっても心配(棒読み)

と言うか、この人事異動を境に、少なくとも今の勤務先ではプログラミングとかの現場作業をすることはないという予感が。いや、あくまでも予感であって、断言するわけじゃないんですが。企画の仕事も面白そうだから、結果をちゃんと出せるところまで頑張るつもりだし、業務として期待されているのだから、マネージメント業も確実にこなすつもりなんですが。冷静且つ客観的に考えてみると、自力でコード書いたりしてる時間なんてなさそうに思える。人によっては、時間が足りなきゃ残業すればいいじゃん、って考えもあると思うけど、僕の哲学はそうじゃないし。仕事以外のところでも頑張りたいところがあるわけですよ。わくラボとか。コードをがんがん書いていくのは、こっちでできるし。

そう考えると、今がちょうど自分のキャリアの転換期なんだろうなー、と他人事みたいに分析してみたりするわけです。今までの技術者としてのキャリアは会社の業務以外のところで継続することにして、会社のお仕事は、また新しい境地を開拓していくという感じだろうか。バランス配分を間違えて、どっちつかずになったりしないように気をつけないと。

まぁ、そんなわけで、社外でお付き合いしている皆様にとっては、たぶん今まで通りだと思われます。業務で関わってる皆様には御愁傷様でした、、、じゃなくて:p 、今後とも変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いします。

posted by cesare at 22:27 | 日記
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。