2005年08月16日

人選

ライブドア社長堀江氏に自民党から出馬要請という話。
自民党としても必死になるのは理解できるのだけど、野球騒動とかフジテレビ騒動などでの過去の言動や振る舞いから判断するに、彼が政治的なセンスを示したことがある思えない。野球の件にしてもフジの件にしても、派手な言動で注目を集めるところまでは良かったのだけど、その後の振る舞いのまずさが利害関係者の拒絶反応を呼んでしまって、結局は望んだものを手に入れることは叶わなかったわけだ。

確かに、ライブドアをここまで大きくしてきた彼の経営手腕は侮れないと思う。時には買収相手やライバル企業を相手に政治的な駆け引きを繰り広げてきたという実績もあるだろう。但しそれらの実績は、こう言っては失礼だが、堀江氏個人の力量だけでもどうにか対処できる規模の相手だったのではないだろうか。マスコミなどのメディアを中心とした巨大な企業複合体を相手に喧嘩を挑んだ戦果は今のところ2戦2連敗であり、結果を出せていない。

この状況で堀江氏に衆院選に出馬要請すれば、「知名度だけを頼りにして、票を稼げそうな有名人を担ぎ出した」という印象になるであろうことは、自民党としても百も承知のはず。そこを敢えて出馬要請に踏み切ったのは何か目的があるのではないか。

独断と偏見に基づく邪推なのだけど、この理由は「野党に先を越されたくなかったから」に過ぎないのではないかという気がしている。堀江氏の擁立には批判も多いだろうけど、支持を寄せる人もまた少なくないと思う。試しに「衆院選」と「堀江」をキーワードにBlogを検索してみたところ、期待を寄せる意見も散見される。堀江氏の世間での印象は「旧態依然とした体制に楔を打ち込む革命児」という線だろう。国会を舞台とした改革劇で遅れをとってしまった野党としては、彼を味方につけることができれば世論の動向を自らに有利な方向に変えることができる可能性がある。自民党としては、それだけは避けたいところだろう。

批判を浴びるリスクはあるものの、タレント候補擁立なんて今更珍しいものでもなく、なんだかんだ言われつつも票を集めてしまうのが現実だ。トータルで見ればプラスになると踏んでいるのでは。自民党にとって致命傷を招きかねないのはタレント擁立に対する批判ではなくて、「タレント」が野党陣営で擁立されてしまった場合の風向きの変化なのだ。だからこそ、敢えて堀江氏に出馬を打診して、且つまだ結論が出ないうちからマスコミにリークするという戦略を採っているのではないかと邪推している。
posted by cesare at 23:36 | 政治
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5963319
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。