2007年09月25日

サイボウズラボに行ってきた

縁あって、サイボウズラボさんのオフィスにお邪魔させてもらいました。噂に聞いた通りの明るく快適そうな環境で、見てて羨ましくなってしまった。デスクとか椅子とかは、かなり良いものを使っているようで、一日ぶっ通しで自分の作業に没頭していても大丈夫そう。「ラボ」の名前を冠しているだけあって、研究者に最適化された環境だなー、と。

オフィススペース自体はシンプル且つコンパクトにまとまっている感じで、同じフロア内に全員が集まっている状態。フロアの半分を各メンバーの席を置くスペースとして、残り半分はどうやら汎用のミーティングスペースとして利用されている模様。なんか、そこかしこにガジェットが配置されていたりするし。赤坂見附の一等地の、おそらくはとんでもなく高価であろう空間を、ゆったりと活用しておられるという印象でした。なんと言うか、日本の技術者に必要なのは、こういう余裕と遊び心なんじゃないかと。

中の人達も、知的でクールな人あり、アツく情熱的に語る人あり、フレンドリーに話してくれる人ありで好印象。「研究所」なんて言うと、なんだか気難しい職人気質の人がいそうな印象がありがちですが(僕だけ?)、良い意味で個性豊かで外向的な「いまどき」な人が集まっているという感じでありました。一緒に仕事するのはきっとハードだろうけど、知的好奇心という面では大いに刺激になりそう。

あと、面白いのが名刺。風の噂には聞いていたけど、ほんとに肩書きに「IT戦士」とか「ブロガー」とか「Shibuya Perl Mongers」とか書いてあります。それぞれ誰の肩書きなのかは、説明不要だと思うので省略:p

ともあれ、たまにこうやって外の世界を覗いてみるのも興味深いものです。せっかく知り合えた縁なので、これからも引き続き、何かでコラボレーションしたりとか、遊びに行ったり来てもらったりなんて機会があると良いなー、なんて思う今日この頃です。

posted by cesare at 21:50 | 日記
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。