2007年07月02日

Kula Shaker "Strangefolk"

復活。去年あたりからミニアルバムが出たり苗場で狼煙を上げてみたりと、柱の陰からこっちを窺っていたのが満を持して戻ってきた格好だ。何はともあれ、めでたい。やっぱり、Crispian Millsの音楽にはオルガンが鳴ってなきゃいけない。・・・って、よく見たらキーボーディストが交代してますが。

8年ぶりに出てきたアルバムは、お約束通りにインド風スパイスフレーバーを薫らせつつもUKロックの王道もしっかり継承してます的佇まい。ただ、個人的な独断と偏見のみに基づいて言わせてもらうと、ちょっと足りないなー、と。彼らにしては健康的すぎる気がする。まだJeevasっ気が抜け切ってないのだろうか。なんと言うか、紫の煙が渦巻くような不健康で妖しい音の方が似合ってると思う。もっと毒を出しても良いのに。その意味で、ちょっと惜しいな、という印象でございます。今後にも期待。またすぐに解散しませんように(祈)

ストレンジフォーク
ストレンジフォーク
posted with amazlet on 07.07.02
クーラ・シェイカー
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/06/27)
売り上げランキング: 158
posted by cesare at 21:58 | 音楽
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46473975
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。