2006年02月22日

疑惑メールの証拠能力?

世間を騒がせているメールの件。文面とかフォントとか、黒塗りされていた部分をめぐって陰謀説まで囁かれる始末だけど、とりあえずここではメールの真贋は横に置いておく。まぁ、僕の見解はと問われれば「どう見てもガセだろ、あれは」というところだけど。

この件の最も愉快なところは、あの内容をどういうわけか「証拠能力がある」と確信してしまった人がいるらしいことだ。あのー、メールって、ヘッダー部分も含めてただのテキスト情報だし、あの程度の内容でいいのなら誰だって作れるんですけど。

X-MailerとかDateとか、いかにももっともらしい情報は書かれていても、一番肝心なReceivedヘッダー群が抜けている。この時点で、このテキストに証拠能力なんて皆無。せいぜい良く言って「怪文書」というのが妥当なところだろう。

あるメールについて、その送信者を断定するのは言うほど簡単ではない。前述のように情報は全て単純なテキストで書かれているので、メッセージのデータだけなら誰でも簡単に作ることができてしまう。この「ただのテキストの塊」に過ぎないデータを特定の個人に結び付けるには、そのメールが通過したSMTPサーバーの中継ログに、該当する記録が残っていなければならない。Receivedヘッダーはそのために必要というわけ。

仮にReceivedヘッダーを偽造したとしても、該当のサーバーのログを照合すれば嘘はすぐにバレる。逆に言えば、Receivedヘッダーがない「メール情報」は、確証の取りようがなく、「これが動かぬ証拠」と断定するには無理がある。

まぁ、もし民主党の先生方がReceivedヘッダーも含めた全データを持っていて、それに基づいて既に裏も取っているのなら解らなくもないけど。だとすれば疑惑追及の順序は、まず「このメールは確かに堀江氏が送ったものだ」という点を証明するのが普通なのでは? それをしていない以上、公になっているもの以上の情報は持っていないと見るのが自然。そう考えると「真実性がある」とか大真面目な顔で主張しているのは、なんだか滑稽に見えてきてしまうのだけど。

と言うか、民主党の中に「こんなのは証拠として使えないよ」と指摘できる人材はいなかったのか?ということの方が深刻な問題なのかも。情報戦略要員として、まともな判断力を持った人を雇った方が良いのでは?

posted by cesare at 23:33 | 政治
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。