2008年12月29日

Beyond Standard Tour, Hiromi's Sonicbloom

2008年を締め括るべく、上原ひろみのライヴ観に行ってきましたよ。ここ数年いつも年末あたりに日本に還ってきて、この時期の恒例行事になりかかっているツアーを、今年も観に行けたのはほんとに幸運。

ツアーメンバーは前回と同様。ギターのFuzeがすっかり馴染んでる。昔のトリオ編成も面白かったけど、4人になることで遊ぶ余地が増えたようで、より自由度が増しているみたい。世界各地を回る間に、また一回り大きくなったような。

セットリストは最新作「Beyond Standard」を軸に、Fuzeが参加していたデビュー作や前作の曲たちも織り交ぜて。アルバム同様に、レコードの針ノイズに導かれた「Softly As In a Morning Sunrise」からスタート。前作のエンディングを引継ぐ演出の施されたこの曲からスタートするのは順当な線ではあるけど、一曲目からエンジン全開なのは何故。Dr.のMartin Valihoraが早くも「ソロパートじゃないけどいつもソロ」状態のカオスに突入。自重というものを知らない困った人達の饗宴の幕開けと相成りました。と言うか、この4人を眺めてると、Fuzeが一番落ち着いて見えるのはどういうこと。

とは言え、ひろみ嬢の満面の笑顔はいつも健在。音と戯れるのが楽しくて嬉しくてしょうがない、という喜びが、その表情に、紡ぎ出す一音一音に表れているような。そう、今回もこの底抜けの笑顔と喜びを湛えた音を浴びに来たのだ。彼女の音楽の最大の魅力は、彼女自身の愉悦が、それを見ている人達をも幸せにするところにある。

どの曲もユニークかつ刺激的だったけど、敢えてベストアクトを一曲だけ選ぶとすれば、オリジナルを生かしつつも全く別の曲に再構成してしまった「上を向いて歩こう」を推したい。素朴な原曲とは一味違ったファンクに仕上げてしまったのはお見事。格好良すぎ。

とまぁ、そんなこんなで楽しすぎるひとときをありがとうと伝えたい。でも、終了のアナウンスが流れて帰ろうとした矢先にステージに戻ってきて締めの曲を繰り出すのは勘弁。それ反則技だから。でもまぁ、偶然にも近くで見られるチャンスを得たので、これはこれでありかも。息つく間もなく、次はボストン公演らしいけど、引き続き頑張ってくださいませ。て言うか、いつ休んでるんだろう?たまには休養できますように。また来年の今頃に再会できることを心待ちにしつつ、最後の最後に傍若無人の限りを尽くした、これがなくては終われない「Return Of Kung-Fu World Champion」の残響を聴きながら、会場と、それから2008年を後にする。

ビヨンド・スタンダード(通常盤)
上原ひろみ~HIROMI’S SONICBLOOM
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M) (2008-05-28)
売り上げランキング: 4757
posted by cesare at 00:07 | 音楽
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/111851751
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。