2008年12月01日

[R.I.P]樋口宗孝氏逝く

彼らの音楽に出会ったのはヴォーカルがマイク・ヴェセーラだったかな。「Soldier of Fortune」の頃。ところが、なぜか縁がなくて長いことすれ違いが続いていた。音は聴いたことがあったのだけど、アルバムは一枚も持ってなかった。いや、その当時はGeorge LynchとかPaul Gilbertの方がお気に入りだったんですよ。高校生だと欲しいアルバム片っ端から買えるほど金持ってないし。その後、何度もメンバーチェンジを繰り返したりしていて、風の噂ぐらいは聞いていたけど次第に疎遠になって、いつしか過去の記憶になっていた。つい数年前までは。

久々に彼らの姿を見かけたのは異国の地だった。滞在先のホテルで何気なくテレビをつけたら、知らない間にオリジナルメンバー編成に戻っていた彼らのライヴ映像が流れていて、思わず最後まで観てしまった。高校生当時に見ていた彼らとは見かけも音楽性も少しだけ変わっていて、でも昔より遥かに格好良くなっているように感じた。

帰国して、出たばかりの新作を買ってみた。アルバム買って聴くのはこの時が初。その勢いでライヴも観に行った。2007年の渋谷の一角で、1980年代と21世紀が交錯していた。歴史を背負いつつも、未来を見据えて堂々と構える姿が印象に残った。そして、これが「樋口っつぁん」を目にする最初で最後の機会となった。

2年前に初めて手にした思い出の一枚を聴きながら、彼らとの奇妙な縁を振り返ってみた。格別に熱心なファンだったというわけではないけど、やっぱりこういうのは残念だし、寂しい。もう一度あの爆音を聴いてみたかった。

長い間お疲れさまでした。ご冥福をお祈りします。

BREAKING THE TABOO
BREAKING THE TABOO
posted with amazlet at 08.12.01
LOUDNESS
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2006-12-27)
売り上げランキング: 86437
posted by cesare at 22:55 | 音楽
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/110530493
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。