2008年11月04日

そろそろアルカーナについて一言いっておくか

すっかり久々のエントリーになってしまいました。あまりに間が空き過ぎていて、知人から「全然更新してなくて笑ったw」とかツッコミが入ってしまう今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。ここ最近は何をしていたかと言うと、会社を辞めてみたり、会社に参加してみたりしてたわけです。以前の会社には、かれこれ11年半ほど在籍。長かった。以前の会社を辞めるかどうかはかなり悩んだものの、決めてしまえば後は楽でした。11年分のエントロピーを放出したような感覚。

で、次のお仕事はアルカーナという会社を拠点にして活動することにしました。この会社のことは以前から存在は知っていたものの、ごく最近まで何をしているのかよく解らなかったのは内緒で:p。きっかけは、9月末にリリースされたアポロンというサービス。これで「あ、クラウドソーシングをテーマにしてたわけね」と分かったという次第。一方にいろんなスキルを持っている人(=seller)がいて、もう一方に仕事を頼みたい人(=buyer)がいて、両者を上手くマッチングできるような仕組みを提供するようなサービスと理解。僕自身、わくラボで活動していることもあって、クラウドソーシング的な活動をサポートするようなサービスには親近感を持っていたわけです。

で、とりあえずアカウント取ってみて、プロフィールを入力しておいたわけですよ。入力項目の中に、自分の得意分野を書けるようになっていたので、あまり深く考えずに「Ruby」とか書いておくわけですね。すると直後に、apolon.jpから「Rubyの腕を必要とする求人が登録されたよー」というお知らせが。どれどれ、と見に行ってみたところ、これが「apolon.jpの開発を手伝ってくれる人募集」と(笑)。あ、この会社はドッグフードをちゃんと食べてるんだなー、という印象を持ちました。

そのときは、印象に残っただけでスルーしていたわけですが、数日後、Twitterに私と一緒に世界を変えませんか>< Ruby園児ニア募集してます!というお知らせが。見に行ってみるとFindJobのエントリーフォームが。どうやらドッグフード食べてるだけじゃなくて、ほんとに人材募集中らしい。この時ちょうど、以前の会社を辞めるのが確定していて、次の仕事を探していた時期。で、これは面白そうだから、声かけてみようかな、と。

ここで、FindJobのフォームに履歴とか書いて送るのが正攻法というものなのでしょうが、ふと考えたわけです。ちょっと待てよ、クラウドソーシングに取り組んでて、しかも自らのサービス自体をクラウドソーシング的な方法で発展させようとした会社に、その正攻法はつまらんぞ、と。じゃあどうすれば良いかなー、と3秒ほど考えた結果、まずは採用とかの話は抜きにして、ランチミーティングみたいな形で意見交換するようなところから始めてみようと決めて、べにぢょさんにlovecall。

その後、いろいろありまして(中略)、事業に参加させてもらえることになり、今日の初出勤となりました。顛末の一部はこちらにも。Twitterというと気軽な感じのサービスではあるのですが、こういう場所から生まれる縁もあるんだなー、なんて思うわけですよ。こういうことがあるから、ネットって素晴らしいな、と思える。最初に会社を訪問して話したときに、そんなことを考えつつ、「素晴らしい!」と書いてみたというわけです。

とまぁ、そんなわけで、「アルカーナのcesare」として活動します。今後ともぜひ、よろしくお願いします。

posted by cesare at 22:48 | その他
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109100775

(前略)cygwinを使ってみた
Excerpt: [emoji:e-241]日記 会社でソーシャルメディア連続リリース中なので、こっちも連続更新するのだ(`・ω・´) 第1弾 : ソーシャルメディアへリンクするブログパーツ「ピンポン46(..
Weblog: ギークなお姉さんは好きですか
Tracked: 2008-11-13 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。