2008年07月29日

Tokyu.rbに参加

Tokyu.rbが結成されたので参加してみた。RubyKaigi直後に始まったAsakusa.rbにインスパイヤ触発されて、東急沿線在住Rubyistの集いなんてのもあるといいねー、なんて感じで呼びかけられていたので、ほぼ脊髄反射的に参加。まずは第一回は大井町線の大岡山駅近くの居酒屋にて。そう、YAPC::Asia2008で名を上げた東工大の目の前ってわけです。

その第一回は7/24(木)に。ふたを開けてみれば、集まったのは総勢で8人。まぁ地域限定Rubyist集会としては上々な人数なんじゃないでしょうか。参加メンバーの大半は近所に在住の人達。ちょっと頑張れば歩いて行けなくもない距離の人も多く。そう言えば、Asakusa.rbの方でも同じく、自転車で参加するぐらい近所の人がいたみたい。Tokyu.rbの最短距離は、東工大からの参加。待ち合わせ場所の大岡山駅まで、目の前の交差点を渡るだけという、超至近距離。Asakusa.rbに勝った!(違)。え?対抗するところを間違えてる?そんなツッコミは聞こえません:p

ちなみに、Tokyu.rbだけに、メンバー募集対象は東急沿線に住んでいる人がメイン。でも、そうじゃない人は参加お断りってわけじゃないので、念のため。東急線と言うと、品川界隈から大田〜世田谷区から品川、渋谷、川崎、横浜にまたがる広範囲をカバー。ついでに相互乗り入れしている日比谷線とかまで含めてしまうと埼玉方面まで網羅するという懐の深さが特徴です。早い話が、首都圏ならどこでもOKな感じです:p

初回の顔合わせは、まずは自己紹介を交えつつ、どんな活動をしたいかを雑談するなど。出てきたアイディアとしては、GitHubにプロジェクトを作って、みんなでcommitするとかどう?という話をきっかけに、やっぱりみんなコード書きたいよねー、という方向に。そういえば、前の週に池袋で開催されていたイベントで、Yuguiさんが話していたのを思い出したわけですよ。Yugui先生曰く「Ruby-1.9使ってみて、フィードバック出してくださいな。いきなりミッションクリティカルなのは無理としても、飲み会の人数調整サービスとかなら人柱もOKでしょ?」と。じゃあ、それやってみない?と。話は決まりました。

というわけで、テーマは飲み会調整サービスとして、Ruby-1.9 + Railsで作ってみるのを当面のテーマにしてみようと。待てよ。せっかくだから、Railsもedgeを使うのが良いじゃん、webAPIも提供してRuby以外にも懐の深いところを見せようぜ、そういえばTimezone対応とかもできるようになったし、やってみようよ、などなど、アイディアが続々。冷静に振り返ってみると、地雷を踏んで回る気満々な人柱プロジェクトが出来上がっていましたとさ:)

さらにミーティングと称した飲み会は続く。活動拠点とか決めたいよね、という話。聞くところによると、Seattle.rbでは毎週決まった時間に同じ場所で集まることにしてるんだとか。どこか東急沿線で良さそうな場所ある?と考えるも、決め手はなく。これは今後の課題に。初回が居酒屋だったし、アルコールを燃料にしてコードを書きなぐる集いにするのも面白いかもね、なんて声も。でも、それってきっと素面に戻ったときにコードを読み返すと愉快なことになってるよねぇ(笑)。「なにこの黒魔術の山は」なんてことになってたり。それはそれで面白いけど。「イライラしてやった。コードだったら何でもよかった。今では反省している」なんてcommitログに書いてるぐらいの勢いで良いのかもしれない。commitする時点で既に反省しているのがポイントではあるけれど:p

その他、仕様とか設計の情報共有どうしよう、なんて話も出たものの、「現場で考えればOKでしょ」ということに。プログラミング・ファースト開発で行きましょう。その瞬間、ひがやすをさんの霊が降りていたようです(嘘)。Rubyだけに「ゆるふわ」路線が良いよね。これなら10年泥のように働かなくても大丈夫そう:p

とまぁ、そんな感じでTokyu.rbが始動しました。先にも書いた通り、特に東急沿線在住じゃないと参加資格がないというわけじゃないので、もし興味を持った人がいたら、参加してくださいませ。

Tokyu.rb

posted by cesare at 23:27 | 技術関連
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103834508
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。