2008年06月24日

「iPhone開発者支援プログラム」に興味あり

日本でのiPhone発売も間近、期待と批判と思惑が渦巻くさなか、興味深い話が舞い込んできた。

そこで、読者に質問だが、もし私が「iPhone開発者支援プログラム」のようなものを立ち上げたら、エンジニアとして参加することに興味のある方は何人ぐらいいるだろうか。

「iPhone開発者支援プログラム」に興味がある人、この指とまれ

はい!呼ばれたので手を挙げておきます。興味ありです。ちょうど、どんなことができるだろうかとSDKで遊んでいたところにタイミング良すぎです。プラットフォームがMacOSで且つ、ObjectiveCを操る能力を要するという参入障壁の高さを指摘する声はあるものの、競合が比較的少ない今こそが、参入したもの勝ち。一発当てられるチャンスも大きい。もっとも、コケるリスクも大きいわけですが:p

今、作り手にとって最も面白そうで且つチャンスも大きいのは、間違いなくiPhoneでしょう。PCとも、日本でいうところの「ケータイ」とも違う未知の分野ながら、webのトレンドを、人々の生活を、ひいては世界を変えてしまう力を秘めていると思う。僕としては、その一翼を担う人でありたい。だから、この話は非常に興味があります。ぜひ参加させてください。

posted by cesare at 22:43 | 技術関連
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。