2008年02月13日

it's the same old thing as yesterday

いきなり"Message In A Bottle"から始まるなんて反則。続いて"Synchronicity II"だなんて、さらに反則。そういうおいしい曲は後のお楽しみに取っておくものではないのか?心の準備がまだできてないんだってば。

復活したPoliceを観に行ってきた。彼らの音楽は、学生時代に死ぬほど聴いていた。音楽はいろいろ聴いてたけど、最もよく聴いたのがPoliceの曲達だったように思う。止せばいいのに下手の横好きでベースも弾くようになったのは、間違いなくStingの影響だし。たまに髪を短く切るようにもなったのも彼らに出会ってからだし。当時気になってた女の子に告白して玉砕した時には"Tea In The Sahara"が流れていたし。何が言いたいかっていうと、要するに奴らは、とりわけStingは僕のヒーローであったわけであり、人生に足跡を残した存在だったというわけ。但し、僕が興味を持った頃には、既にバンドは存在していなかった。ライヴをこの目で見られる日が来るなんて、とっくの昔に「ありえないこと」だと諦めていた。ついこの前まで、いや、今日この日のステージの幕が上がるまでは。

そして、幕が上がったと思えば、飽きるほど聴いた、そしてギターで飽きるほど弾き倒したリフが奏でられているという次第。心の準備なんてあったもんじゃない。彼らにまつわる記憶が、全部まとめてフラッシュバックする。反則だろ。

音楽の方は、メンバーそれぞれ50歳をとっくに越えているなんてことは全く意に介していないとしか思えない爆音を奏でる傍若無人ぶり。奴らの辞書には「円熟」という言葉は存在しないのだと思われます。Sting名義のライヴでは、一部の曲が毒気を抜かれた渋いアレンジで再現されていたので、復活Policeまでそんな感じだったらどうしてくれようかと不安だったけど、全くの杞憂だった。とは言え、改めて聴いてみるとStingソロ作に見られるようなjazzyな音作りの原型が見え隠れする曲もあって、興味深い。アレンジも、アルバムに収緑された原曲の良さを生かしつつも、一捻りしてみたり、たまに逸脱してみたり。"Walking on the Moon"の浮遊感、"Walking In Your Footsteps"のプリミティヴ感、"Synchronicity II"の狂気。"King of Pain"の切なさ。何もかもが秀逸。80年代と比べて唯一変わったところと言えば、生き急いでいるかのような前のめりさが薄れて、余裕を感じさせるところぐらいか。でも爆音。

また、ステージの3人もさることながら、裏方の活躍も見逃せない。PA。Stewart Copelandのハイハットワークまで鮮明に聴こえる音響バランスが秀逸すぎる。バンドの華は確かにStingではあるけれど、音響の華は、Copelandの操る変幻自在なリズムと色彩豊かな音色であるのは間違いない。繊細な音が細部まで再現されていたのは、ほんとに凄いと思う。あと、ある時は"Don't Stand So Close To Me"でStingがベースペダルを踏む足元をスクリーンに大写しにし、またある時はドラムセットを離れて背後のパーカッション群へ急ぐStewart Copelandの姿をクローズアップで捉える映像。良い仕事しすぎ。観客が観たいもの、聴きたいものを完璧に理解してなきゃ不可能。素晴らしい。

曲目については、特にサプライズなし、新曲もなし。過去のライヴ音源に触れたことがある人にとっては予定調和。"Can't Stand Losing You"の途中で"Regatta de Blanc"を挟んでまた戻ってくるところまでいつも通り。"Every Breath You Take"がアンコールのラストに来るのも予想通りってものですよ。締めには最適だしね。とは言え、生でこれだけ見られて感無量。文句はございません。彼らの最大のヒット曲を聴きながら、これが最初にして最後の機会なのかも知れない、と余韻に浸る至福の時間。学生時代のビターでスイートな思い出の数々を脳裏に横切らせつつ、また明日から頑張ろう、と。最後の曲が終わって、ステージを去る3人を見送る。

・・・あれ?Andyが一人ステージに残って何やら煽ってる。「もう一曲やれってか?」と人差し指を立ててジェスチャー。観客の声援。「しょーがねーな」と苦笑いの一人芝居。真っ赤なFenderを再び手に取ってリフを紡ぎ始める。この展開で、最後の最後に出てくることのできる曲なんて限られてる。StingとStewartもステージに戻ってくる。彼らのデビュー作の冒頭を飾った"Next To You"。原点回帰。偽装パンク。格好良すぎ。完璧。

シンクロニシティー
シンクロニシティー
posted with amazlet on 08.02.14
ポリス
USMジャパン (2008/01/23)
売り上げランキング: 1106
posted by cesare at 23:59 | 音楽

2008年02月05日

言語の善し悪し

ここ最近、とある言語をめぐって「あの言語はダメだ」「いや、それを言ったらそっちの言語だって(以下略)」な感じの論争が起きてて、賑やかで楽しそうなんですが。僕はと言えば、言語の「善し悪し」には興味はなく。好き嫌いはあるけど。自分好みの書き方ができる言語は好きでよく使うし、そうでない言語は使わないという単純な話。少なくとも、趣味で書くコードについては。まぁそれは当たり前か。

お仕事で使う言語については、すでにある資産を活用するために自動的に決まるとか、外部に発注する都合で選択肢が限られてるとか、いろいろ。雑食な性格なのか、あれこれ文句を言いつつも嬉々として勉強してたりする。もっとも、仕事で使うような言語だと大した違いはなくて似たり寄ったりだから、あまり問題にはならないのかも。さすがに実務ではHaskellとかには縁がないです。

まぁ、言語によって得意/不得意というのは確かにあると思うけど、優劣というのはちょっと違うような。一連の論争を眺めてみた感じ、実は言語云々の話ではなくて、ダメなコードを書いてしまう人への怒りとか批判とかが、なぜか「言語」という対立軸で語られている、というのが真相なんじゃないかと。

たとえば、こちらの40 signs you really are a lousy PHP programmerというエントリー。「ダメなPHPプログラマーにありがちな兆候」というタイトルではあるものの、挙げられている40の項目のほとんど全てが、別にPHPには限らない話。"40 signs you really are a lousy Ruby programmer"でも違和感がないし。いや、"40 signs you really are a lousy programmer"でいいじゃん:p 言語の優劣より、どこにでもいるこの手の「困ったちゃん」に作法を覚えてもらう方法を考える方が建設的で良いなー、とか思う今日この頃でありました。

posted by cesare at 22:25 | 技術関連

2008年02月03日

oPtion$ - the secret life of steve jobs

一時期その正体をめぐって世間を騒がせた fake steve jobs(以下、面倒なので偽ジョブスと略:p)こと Daniel Lyons による「Steve Jobs自身が語るAppleのストックオプション問題の顛末」という体裁で綴られる一冊。このストックオプション問題というのはよく知らなかったのだけど、「なんか法律上マズかったらしい」ということだけ解っていれば問題なし。

話の内容は、偽ジョブスだけに、あくまでも架空のお話。架空ではあるけど、本物ジョブスの人柄とかエピソードとかジョブス語録を見聞きしたことがある人にとっては、いかにもありがちな台詞や語りが出てきたり。あと、本物ジョブスと仲が良いことで有名な人達が実名で登場して、行く先々で騒動を巻き起こしていく始末。大邸宅に日本庭園を持ってる Larry Ellison に相談を持ちかけて悪知恵を仕込まれたりとか、アイルランド訛りで3〜4語ごとにfワードを交えてまくしたてるU2 の Bono とか、相変わらずアムネスティと人権問題に関心を持ってる Sting とか。ちょっと油断すると実話と錯覚しそうになるので注意が必要だ。もっとも、そこが狙いなのだろうけどね:p

とは言え、しつこいようだが架空の話であって、「綿密な取材を元にした小説仕立てのルポルタージュ」とかいう類いの著作ではない。実在の人物と事件をモデルにして、もっともらしく且つ面白おかしくでっち上げた、パラレルワールド上の作り話として読むのが正解。それはこの話の結末からも明らか。もっとも、この結末が作り話であるかどうかは証明できないのだけど。ネタバレを書きたくないので、何の話か解らない人は実際に読んでみてくださいな。

Options: The Secret Life of Steve Jobs, a ParodyOptions: The Secret Life of Steve Jobs, a Parody
Daniel Lyons

Da Capo Pr 2007-10-22
売り上げランキング : 52572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところで、「ジョブス」がちゃんとカタカナに変換できんとはどーいうわけよ、ことえり。創造主の名前ぐらい覚えとけって(笑)

posted by cesare at 20:16 | 読書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。