2007年07月22日

ROVO LIVE at 京大西部講堂 2004.07.18

猛暑の西部講堂、空調なし、室温50度、湿度100%。このコピーは邪魔。余計なこと書かなくていいのに。少なくとも、音だけを聴いていれば、むしろ「涼」を感じさせるぐらい。とは言っても、涼しくなるには少々の想像力が求められる。古(いにしえ)の大和の国、まだ物の怪が息づいていた頃の空と大地の狭間を脳裏に甦らせる想像力が。

最初に聴いた頃は「無国籍な現代音楽」という印象だったのだけど、しばらく聴き続けているうちに、どうやらそうではないらしいことに気付いた。彼らの音は極めて日本っぽい。いや「日本」という現代風の呼び方も少し違う。大地を別の者たちが支配していた、遥か遠い時間の彼方に存在していた、忘れ去られた大和の地を想わせる音世界。呪術的に同じモチーフを回し続ける低音は大地の鼓動、天に瞬く星々、魔界からこちらを窺う「人ではない何か」、遠方の空を切り裂く稲妻と雷鳴、そして天地の狭間で共鳴する人々の喧噪。

そういった太古の記憶の断片一つ一つが、遥かな大和の彩りを携える。彼らの紡ぎ出す音は、遺伝子の舟にのって現代に流れ着いた、祖先の記憶を甦らせている。部屋の灯りを落として、遠くの空を眺めながら、遠い過去に思いを馳せながら爆音で聴くのがお勧め。間違ってもDVDの方を買ってはいけない。余計な視覚情報は不要。くだらないことを書いてあるCD帯は、速やかに棄てるべし。

posted by cesare at 21:14 | 音楽

2007年07月19日

Beautiful Code

3月頃にまつもとゆきひろさんの日記で紹介されていた「Beautiful Code」が今日届いた。とりあえずMatz氏の書いた章だけ目を通してみたのだけど、ご本人も日記で書かれているように「Rubyist Magazine」に掲載されているものと同じ内容。なので、Matz氏の文を読みたいだけなら「るびま」の方で充分かも。

他の人がどんなことを書いているのかと軽く眺めてみたところ、トップバッターにいきなりBrian Kernighan先生が登場。なんと言うか「FujiRock初日の朝に入場してみたらレッチリがステージに上がってました」ぐらいの勢いだ。なにやら正規表現のパターンマッチ実装についてCのコードを交えて解説されている模様。他の有名どころでは、Tim Brayが「俺んとこのサイトのアクセスログが26ギガぐらいあるんだけど、この中から一番読まれてる文書はどれなのかを調べるとしたら、どうよ?」というお題を切り口にして情報の検索についての解説などなど。

その他にも各方面のご意見番が一章ずつ寄稿したものを一冊にまとめた体裁で、全33章。文章だけじゃなくて、実際のコードを交えて解説するものが多いです。使われてる言語も様々。目次を見ただけでお腹いっぱいになりそうなボリュームですが、各章同士の関連はないので前から順に読まなければいけないわけではなく。興味がある章をピックアップして読むのが良さそう。

そう言えば、Guy Steeleにも執筆依頼が行っていたらしいけど、どうやら掲載されていないみたい。残念。

posted by cesare at 22:45 | 技術関連

2007年07月18日

ご来訪御礼

「数学ガール」の感想を書いたら、結城さんの日記で紹介していただきました。どうやら、微力ながらも読者獲得に貢献できたようで、なによりです(笑)。ご紹介ありがとうございます > hyukiさん

結城さん日記に取り上げてもらったおかげさまで、リンクを辿っていろんな人が見に来てくれたらしく、アクセス数が普段の倍を軽く越えております。えらいこっちゃ^^; こんなことならもっと高尚なエントリーを並べておけば良かった。昨日の、アルコールの勢いを借りて書きなぐったエントリーがアホみたいではないか^^;

あと、読んでくれた人からTBとかtwitterで言及していただいたりと、好評なのが嬉しい。RSSリーダーに登録してくれた人もいるみたいで、有り難い限り。もともと「言葉」を使うことが好きでblog書き始めたのですが、こうやって良い反応をもらえると、書いてて良かったな、って思います。

ともあれ、ご来訪に感謝です。日によってテーマも文体も違う変なblogですが^^;今後とも贔屓にしていただけたりすると幸いですm(__)m

posted by cesare at 21:28 | その他

2007年07月17日

walking in your footsteps

映画館で観るのをすっかり忘れてた。HMVで見かけて衝動買い。ライヴ映像はそれほど多くない。舞台裏の乱痴気騒ぎとか、移動中の喧嘩とか、ファンに包囲されてもみくちゃとか、ツアーの合間に観光とか、どこかで見覚えのある映像の現場とか、次第に増えていく機材の山とか、レコーディングの風景とか、だんだん無気力になっていくメンバーとか。あぁ、そうそう、あとは舞台裏の乱痴気騒ぎとか。

彼らの音楽を死ぬほど好きで、浴びるように聴いたファンにとっては貴重な映像。今頃になって掘り起こしてきやがって。格好良いじゃねぇか、ちくしょう。

但し、画質、音質ともに最凶。悪いことは言わないから、思い入れのない人は見ないように。

ポリス インサイド・アウト (JAPAN EDITION)
スチュアート・コープランド
B000OCZAVS
posted by cesare at 22:18 | 音楽

2007年07月16日

「数学ガール」 結城浩

ブランチに立ち寄ったモスバーガーにて。席を確保して読書モードに。ふと隣を見ると高校生と思われる女の子二人組が黙々と勉強中。ノートに数式。数学の勉強中かな。見ると、一人はロングヘアーに眼鏡、もう一方はショートで小柄な感じ。「ミルカさんとテトラちゃん?」と思ってしまった僕が読んでたのは「数学ガール」だったわけですが。なんという偶然。

プログラマー稼業ゆえか、大学時代の専攻が法律だったという話をすると一様に「意外だね〜」と言われます。まぁ、自分で考えても、どこで道を間違えたんだか、という感じではありますが。数学との付き合いは、高校2年生を最後にしばらく音信不通あるいは忘却の彼方。その後、縁あって今の仕事に就いて働くも、基本のところを押さえておかないと長続きできないよなー、と思い、独学でコンピューターサイエンスに首を突っ込んだのが数学との再会だったというわけです。

そういうバックグラウンドの僕が読んでも、この本は読みやすい。なんと言うか、至れり尽くせり。正規の教育を受けてないと知らないような「暗黙の了解」みたいなところも律儀に解説しながら話が進むので、数式が出てきても意味がちゃんと理解できるところが有り難い。これならきっと高校生でも楽しめるんじゃないだろうか。受験の役に立つかどうかは知らないけど。でも、少なくとも数学の面白さは伝わると思う。高校時代にこの本に巡り会うことができていたら、ひょっとしたら法律じゃない学部に進学していたかも。

数学の面白さと言うと、やたら複雑で書き下ろすのも一苦労な数式にちょっと細工してやると、極めてシンプルな姿に一変することに気付いた瞬間の驚きと言うか、爽快感と言うか「センスオブワンダー」と言うか。オイラーの公式を最初に理解した瞬間の「背筋に来る」感覚は今でも忘れられない。この本にはオイラーの公式そのものは登場しないけれど、あの感動を伝えることには成功していると思う。その意味でも、現役の中高生に読んでもらいたい一冊。

興味を持った方は、結城さんのサイトとか、他の人の書評(代表)とかも併せてどうぞ。

数学ガール
結城 浩
4797341378

ところで、この舞台設定は作者のhyukiさんの趣味が遺憾なく投影されているように思えるのは気のせいでしょうか?(笑)。結城さんのサイトからリンクされている書評を眺めてみた感じ、理系男子にはアピール度がかなり高かったようですが。マーケティング的に言うと、うまくターゲットを絞り込んだというべきところなのでしょうが、狙った設定と言うよりは、hyukiさんの趣味がそのまま読者層の好みとかぶってるだけ状態にも思える今日この頃。そう考えると、表紙のイラストはちょうど良いバランスだな、と。と言うのは、理系男子以外でも手に取りやすいと思うのですよ。これが某「マンガでわかるほにゃらら」シリーズみたいな表紙だったら、僕も見て見ぬ振りで素通りしていたと思うので(笑)

posted by cesare at 20:48 | 読書

2007年07月02日

Kula Shaker "Strangefolk"

復活。去年あたりからミニアルバムが出たり苗場で狼煙を上げてみたりと、柱の陰からこっちを窺っていたのが満を持して戻ってきた格好だ。何はともあれ、めでたい。やっぱり、Crispian Millsの音楽にはオルガンが鳴ってなきゃいけない。・・・って、よく見たらキーボーディストが交代してますが。

8年ぶりに出てきたアルバムは、お約束通りにインド風スパイスフレーバーを薫らせつつもUKロックの王道もしっかり継承してます的佇まい。ただ、個人的な独断と偏見のみに基づいて言わせてもらうと、ちょっと足りないなー、と。彼らにしては健康的すぎる気がする。まだJeevasっ気が抜け切ってないのだろうか。なんと言うか、紫の煙が渦巻くような不健康で妖しい音の方が似合ってると思う。もっと毒を出しても良いのに。その意味で、ちょっと惜しいな、という印象でございます。今後にも期待。またすぐに解散しませんように(祈)

ストレンジフォーク
ストレンジフォーク
posted with amazlet on 07.07.02
クーラ・シェイカー
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/06/27)
売り上げランキング: 158
posted by cesare at 21:58 | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。